印刷用ページはこちら。(A4縦用)
作図は紙からデータになり便利さは向上しました。
CADはドラフターの代わりだけで終わるのでしょうか?
縮尺が違う図面を出力する。部材の数を数える。
ワープロや表計算に図面を貼り付ける。
これらを実現できてこそCADを使う価値がさらに出てきます。

配管、ダクトを絵のように表示するだけなら汎用CADでもできる。
この基本概念を強く意識してきたからこそできるCAD−CAM。
配管の1本、ダクトの1個にCAMを意識した結果、
高水準のCAD−CAMを実現させる事ができました。
図面の最終到達点、現場にまでCADデータが生きてきます

POWERSPの主な機能
3D表示機能

リアルな3D表示機能により  図面を360度、どの角度からも見ることが出来ます。
多くの形式に対応するデータ互換機能
DXF、AUTO-CAD(DWG)、JW-CAD、JW-CAD forWindowsのデータ様式をはじめ、
BE-BridgeやSXF、PDF形式、スキャナーデータであるTIFF形式にも対応しています。
特にBE-Bridge変換では、部材の持っている高さ、属性情報を保ったままデータの受け渡しができるため、図面を有効に活用でき編集操作も容易になってきます。
PDF形式に直接保存
POWERSPでPDF形式に保存。 Adobe Readerで閲覧・出力

Adobe Acrobat形式であるPDF形式に保存することにより、
CADの無い環境下でも自由に閲覧・出力が出来るようになりました。
相手先にCADが無くても、パソコンさえあれば自由に閲覧・出力(プリントアウト)できるようになり、図面自身の価値・流用性を飛躍的に向上させることが出来ます。
(※閲覧・出力には無償で配布されているAdobe Readerが必要です。)
帳票出力
各種製作伝票出力等

作図した図面より、「ダクト・配管」部材を拾い出し、帳票出力が行えます。
ダクト :製作伝票(矩・丸)、部材表、直管リスト、表面積、消耗品リスト、穴開け加工図等
配管 :配管一品図、部材表、直管リスト等
(ダクト穴開け加工図)
CAM出力
プラズマ切断機、プレハブ配管切断機にリンクファイル出力が可能。
(左図をクリックすると概要が表示されます。)
OLEサポート
OLE対応ソフト(ワープロ、表計算、 デジタルカメラ等)のデータが
図面に取り込めます。   
各種申請図やプランニングに最適。
範囲印刷機能
作図領域(作図ウィンドウ)中の自由な場所を指定して、
好きな大きさで取り込み印刷可能です。
文字専用の移動コマンド
文字だけに反応する移動コマンドにより、
沢山のデータが重なる中でスムーズに文字だけを移動させることが出来ます。
縮尺違いの図面編集
CADの弱点でもあった縮尺違いの図面データを
1枚の図面に出力可能。詳細図の貼り付けに便利。
  ※POWER EDITを使う事により可能
ネットワークのフル活用
出力、図面データの共有はもちろん  基本設定やレイヤ等の設定も共有可能。
コマンドの絞り込み

目的に沿って最も効率の良い入力を工夫しました。
さらにツールバーを使ったコマンドアイコンを使うとより使いやすくなります。
UNDO/REDO
スペースプランナーにおいて最も希望の多かった機能を実現。
入力ミスや間違った場合、削除する必要は無くなりました。
POWERSPの基本仕様

動作環境
OS  Windows Vista (32bit版) Windows Vista (64bit版)
 Windows 7 (32bit版)  Windows 7 (64bit版)
 Windows 8
 Windows 8.1

CPU  Core i3 以上推奨
メモリ  最低1GB、4GB以上推奨(32Bitの場合)
 最低4GB、8GB以上推薦(64Bitの場合)
ハードディスク  1.2GB以上
データ精度 倍精度
注意点 弊社ソフト「町の水道屋さん」と「POWERSP」は同一のパソコンに
インストールして使用することはできません。詳しくはメールにてお問い合わせ下さい。

印刷用ページはこちら。(A4縦用)